パートナーシップ

39歳で婚活はじめたときのこと

離婚してほぼ丸3年くらいたって、
婚活はじめました。

きっかけは、会社の社長のススメ。

当時、社長はFacebookアプリを使った
婚活をやっていて、
それを強烈にすすめられたのです。

というか、今思えばあれはもう
「社長命令」みたいなものだった。

社長命令 婚活始動

とにかく、社長は私が30代のうちに
婚活をはじめさせようと思い、
ゴイゴイ勧めてきていたらしかった。

なぜかというと・・

これは婚活アプリだけにかかわらず、
婚活サイトでも結婚相談所でも同じですが、

全登録者にかたっぱしから会うわけではないですよね。

自分が希望する何かしらの条件で絞り込んで
それに一致する人の中から、
実際会う相手をみつけると思います。

絞り込む条件は、
「地域」なのか「年齢」なのか「年収」なのか、
その全部なのか、
そこは、ひとそれぞれですよね。

 

社長の話では、

だいたいの人は年齢で絞り込みするはずだと。

それは
「20代」とする人もいれば、
「25~35歳」とする人もいれば、
「30歳以上」とする人もいるかも知れない。

でも、もし「30代の女性」という条件で絞り込んだ時、
私が40歳になっていたら、
当然ながら対象外になりますよね。

39歳だったら、そこに入ってくるわけです。

 

とにかく、男性登録者の目に触れないことには、
何もはじまらない。
最初の絞り込みではじかれてしまったら、
その先は無いのも同じ。

だから、とにかく39歳のうちに、
やっとけ。

ということだったようです。

プロフィール写真って大事らしい

Facebookの婚活アプリって、
Facebookのプロフィール写真が
そのまま流用されます。

プラスして、
別の写真を複数登録できるようになっていますが、

まず最初に目に触れるのは
Facebookのプロフィール写真なのですね。

だから、その写真にチカラいれるのが大事だそうです。

 

それは、
美人か美人じゃないか?
カッコいいか、そうじゃないか?
っていう問題じゃないんです。

いや、それが問題だ!カッコいいひとがいいんだ!っていう人も
もちろんいると思いますが。

 

簡単に言うと、
どれだけ自分が真剣かっていうのを
伝える手段みたいなもの。

詳しくは今度書きます。

 

私のプロフィール写真は、
当時どうだったかというと。。。

社長にチェックしてもらったときのコメントが下記です。

社長:

・・・これじゃダメですね。

今度、ぼくのカメラで撮ってあげますから、
それを使いましょう。

シワが気になる?

大丈夫です、社員Aくんに白い板を持たせて飛ばします。

それでもムリだったら、
社員Aくんに加工してもらいましょう!!!!」

 

瞬時にダメ出しでしたよ!

結局、この時は、社長に撮影してもらわず、
自分の手持ちの写真の中から、
いくつか探して登録し、

社長のチェックを経てOKをもらい、
次は、プロフィールの編集へと進むワケです。

 

つづく~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

Comments are closed.