大好き愛犬栗ちゃん♪

2016-07-21-100846-1_28056885413_o

栗ちゃんは2006年生まれのペキニーズです♪

はじめてであったのは、生後3か月の頃。
ちいさい宇宙人みたいで、
なんて可愛いんだー!!と思いました。

両手をひよひよして、うごめいてました。

見ても見ても、見飽きない。

毎日笑顔をくれる。可愛いおじさんです♡

栗ちゃんの記事の一覧はコチラ~

栗ちゃんが下半身麻痺になったこと

栗ちゃんは、6歳のときに椎間板ヘルニアになりました。

2回手術をしたけど、
下半身の麻痺がとれず
リハビリしています。

はじめは悲しくて仕方なくて、

栗ちゃんに申し訳ない気持ちとか、

これからどうやって、栗ちゃんを世話していけばいいんだという不安とか、

一生治らなかったらどうしよう。。っていう
恐怖みたいな感情がわいてきました。

 

退院してきたばっかりの時、
栗ちゃんは、

ヘルニアも手術も入院も怖かっただろうし、
これまでできてたことが、なぜかできなくなってるし、
おトイレも、なんでか知らないけど漏らしちゃうし。。。

とっても不安そうに見えました。

 

でも、やっぱり朝起きて、私の顔みたら
以前と変わらず全力で喜んでくれるし、
ゴハンもモリモリ幸せそうに食べるし、

今思えば、

不安そうに見えたのは、
私が不安でいっぱいになってたから

栗ちゃんもおんなじ気持ちになってたのかも知れないです。

栗ちゃんはやっぱり幸せそう

しばらく、手術した病院にリハビリで通っていたけど、

ある日先生に、こう言われました。

「麻痺をとるのは、難しいかも知れないね。
うちでできることは、もうないです。」

めっちゃショックをうけました。

先生に、怒りがもりもり沸いてきました。

 

でも、次の先生の言葉に、
今でも、私はずっと救われてます。

「ツボさん、どうして栗ちゃんの後ろ足を治すことにこだわるの?

栗ちゃん、後ろ足が動かなくなったけど、

ツボさんに愛されて、こんなに幸せそうじゃん。

 

確かに、あんよが動かなくっても、栗ちゃんはニコニコしてる

この頃は、まだ散歩はあんまり行けてなくて
キャリーバックで連れていって
少し公園で座って、遊ぶ程度だったと思うけど、

それでも、外に出るのを、とっても喜んでました。

 

その日、病院から帰るとき、

先生の「できることはない」って言葉に、ぷりぷり怒りつつも、

隣で「病院きらいじゃ、はやくかえるんじゃー」と
ヘルニア以前とまったく同じ調子で訴える栗ちゃんを見て、

 

「足が動かなくなったって、
栗ちゃんが不幸になるとは限らん。

それは、私と栗ちゃん次第なんだ!

 

って、強く思ったのであります!!

栗ちゃんの介護生活

今思えば、やっぱり最初は慣れなくて
大変だったような気がします。

椎間板ヘルニアのリハビリについて、
よく検索していたことを思い出します。

ワンちゃんの介護をしている方のブログを読んだり、

ワンちゃんの介護用品を、調べまくったり。

 

何かできることないかなぁって
いろいろ模索していました。

お隣さんに紹介してもらって
マッサージに通ってみたり。。。

 

今は、だいぶ余裕を持って
お世話できるようになりました。

コツってほどのものでは、ないかもしれないけど、
ブログに少しずつ、書いていこうかなぁと思います。

栗ちゃんのお散歩の時の即席靴下についてはこちら

栗ちゃんのオムツについてはこちら

 

栗ちゃんギャラリー